住宅ローン借り換えシュミレーションのノウハウ

住宅ローン借り換えシュミレーションのノウハウ

ノウハウイメージ

住宅ローンの借り換えでは、借り換え先選びがすごく大切なポイントとなります。

 

自分の返済プランや、ライフスタイルにあった借り換え先を選ばないと、借り換えをした意味がなくなってしまいます。

 

といっても、どのように選べばよいかわからないという人もいると思うので、借り換え先選びのノウハウを見ていきましょう。まず、注目すべきは金融機関の金利と金利タイプです。

 

あらかじめ、自分が今後どのような金利タイプを選んで返済していくかは概ね決まっているのと思うので、自分が選んだ金利タイプを取り扱っている金融機関を選びましょう。

 

そして、その中で特に金利が低いところをピックアップしていくとよいでしょう。

 

金利タイプで短期固定金利タイプを選んだ場合は、固定金利期間が経過した場合の先を見越して、その後どのくらい金利が上昇するのか、また引下げ幅などもしっかりチェックしておく必要があります。

 

次に、借り換えにかかる諸経費はどのくらいなのかも確認しておく必要があります。そもそも借り換えで得をするためには、今利用しているローンの金利を下げて、将来的な返済額を減らしたり、総支払い額を抑えるという目的があるのに、総支払額よりも手数料が上回ってしまっていては損をするだけになってしまいます。

 

できるだけ金利が低くて、諸経費の中でも大きな割合を占める保証料が安いもしくは無料で、繰り上げ返済手数料がかからないような金融機関を選ぶと、損をすることもほとんどありません。

 

また、ローンの残期間は少ないけど、毎月の返済を減らしたい場合は、残期間にかかわらずローンを長く設定できるプランのある銀行を選ぶことをおすすめします。

 

あとは、利用したい金融機関の業績を簡単にチェックしたり、職員の対応が親切で信用できそうかなども見てみるとよいでしょう。

 

また、万一ローンが計画通りに返済できなくなった場合に相談に乗ってくれるかも大切です。

 

途中で返済額を変更したり、返済期間を少し伸ばすといった措置をとるなど、返済計画を変更してくれるかどうかもきちんと確認し、対応してくれる金融機関だと安心できますよね。

 

このように、住宅ローンの借り換え先を選ぶ際のポイントはいくつか挙げられます。

 

金融事情に詳しくないとよくわからないという方もいるかもしれませんが、新規にローンを組んだ経験があればある程度はわかると思うので、面倒がらないで早めに情報収集されることをおすすめします。

 

いくつか選んでから、直接相談に出向いてもいいし、口コミや評判などをネットで調べるなどして、後々後悔することがないように、納得のいく借り換え先を決めるようにしましょう。


住宅ローン借り換えおすすめ銀行ランキング

サムネイル
  • ネットで申し込みから契約まで完結
  • 来店不要だから時間の制約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 一部繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
  • 仮審査は最短即日回答
矢印 申し込み


サムネイル
  • 住宅ローン借り換えで最安水準の低金利
  • 団体信用生命保険料・保証料無料
  • 全疾病保障団信保険料無料
  • 繰り上げ返済手数料無料で1円から
  • 申し込みから借入れまで来店不要
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
矢印 申し込み


ランキング
  • フラット35で最低金利を達成
  • 手数料・諸費用も最低水準
  • 諸費用が安く総返済額を圧縮できる
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円~162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 借り換えで返済期間延長も可能
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
矢印 申し込み